2019年

11月

29日

西宮北口教室が移転します。

2020年より西宮北口教室が以下の場所に移転します。

 

西宮北口駅の北側徒歩2分です。

 

〒662-0832 兵庫県西宮市甲風園1丁目8−11 エビータの森

 

◆一部のクラスは12月よりこちらの教室でレッスンを行います。

 

英検2級クラス

16日月曜日20時 4階A教室

17日月曜日20時 4階A教室

23日月曜日20時 4階D教室

25日水曜日20時 4階A教室

 

英検準1級クラス

18日水曜日20時 4階A教室

 

数学クラス

16日月曜日18時30分 4階A教室

2019年

10月

23日

1点の重み

2日前に2019年度第2回英検の合格発表が行われました。

 

合格したみなさん、おめでとうございます!そして不合格だった方は、次回の試験に向けてリスタートです!

 

さて、今回の試験では、中学生、大学生、そして社会人の方が1級を受験しました。そして、中学生がCSEスコアであと1点で合格でした。

 

以前に京都大学の入学試験で1点足りず不合格になった受験生について(詳しくはこちら)お話させてもらいましたが、今回は英検の1級で同じように1点差で不合格になりました。

 

日頃から1点でも多くとる努力をしよう!と試験に臨む姿勢の大切さをお伝えしています。ぜひ今後も1点の重みをかみしめて、試験に向けて取り組んでもらいたいと思います。

2019年

8月

30日

英検CBT合格発表(8月18日)

18日に行われた英検CBTで高校生2名が合格しました。

 

今回は二人だけの受験でしたので、見事な結果です。成績も合格基準点を大きく超える点数でした。特に、二人ともライティングが650点中、584点と629点で高得点でしたので、今までCBTでのライティングの点数が伸びなかった中ですばらしい結果となり嬉しく思います。

 

お二人とも本当におめでとうございます!!

2019年

6月

12日

2019年度第1回英検の振り返り

6月2日に2019年度第1回の英検が行われました。

 

試験終了後のレッスンでは試験の振り返りを行います。この振り返りは今後の学習を進めていく上で重要です。点数はもちろん気になると思いますが、解答に至った過程を振り返ることで足りかなった点などが見えてくることもあります。ぜひ一生懸命取り組んで問題を利用して今後の学習に役立ててください。

 

それでは、試験後の準1級クラスでつくったライティングの解答例をご紹介します。

 

Do you think that Japanese consumers will buy more imported products in the future?

 

Recently, more and more products have been imported in Japan. Especially, electronic devices such as smartphones are very popular in this globalized society. Therefore, I think Japanese consumers will continue buying imported products in the future.

 

First, if foreign products are introduced, Japan companies have no choice but to compete with foreign companies. Because of this, Japanese companies will create novelty in their products, which will contribute to improving the quality of consumers’ lives. Competition leads to high-quality products and better lives. 

 

Second, the Internet has united the world. This means consumers can purchase anything they want with one click. Also, Japan is becoming a completely cashless society, which helps customers pay easily with cashless methods such as credit cards. 

 

In conclusion, Japanese consumers will have more chances to buy imported items for the reasons of quality and globalization. I hope we live more conveniently in the future society.

(149)

 

2019年

5月

18日

令和最初の英検合格!

4月21日日曜日にCBTで英検2級を受験した高校生が当教室、令和合格第1号となりました。

 

合格おめでとうございます!

 

そして、4技能の合計がなんと・・・とても縁起の良い数字です☆

 

2019年

4月

10日

行きたい大学・高校・中学を見に行こう!

新年度が始まりました。

 

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。新生活にまだ慣れないところもあると思いますが、様々な経験を積んで大きく成長してください。そして進級されたみなさん、さらに充実した一年にしていきましょう!

 

また、来年以降目標としている学校への入学を目指すみなさん、目標に向けて精一杯努力していきましょう!そして、5月から文化祭や学園祭などのイベントが始まる学校もありますので、行きたい学校に足を運んでみるのもおススメです。実際に学校に訪れることでモチベーションに変化が現れるかもしれません。

 

それでは、2019年度もみなさんにとってさらなる飛躍の一年になりますように、応援してまいります。

 

下の写真は東京大学の赤門です↓

2019年

4月

06日

IELTS初受験で5.5!

昨日、3月23日土曜日に行われたIELTSに結果が発表されました。

 

新大学1年生が初受験で5.5(overall)を達成しました。

 

特にライティング6.0は素晴らしいスコアです。

引き続き6.0、6.5を目指していきましょう!

2019年

4月

01日

英語でプレゼン!

英語の勉強を始めて1年で英検準2級に合格した中学生が、中学1年生の最後に日に英語でプレゼンに挑戦しました!

 

とても良い評価をしてもらえたそうで、「最高のプレゼンができました!」とお母さまからご報告いただきました。

 

グローバル社会の現在、今後は英語でプレゼンをする機会が増えてくることでしょう。みなさんも機会があれば、ぜひ英語のプレゼンにチャレンジしていきましょう!

 

2019年

2月

12日

英検合格発表

本日、2018年度第3回英検の合格発表がありました。

 

前回初受験で英検1級に不合格だった受講生が今回見事1級に合格しました!

 

復元答案を送っていただきましたので、ご参考ください。

 

以下がライティング28点/32の答案です。一部、修正しております。

 

TOPIC: Is a worldwide ban on weapons of mass destruction an attainable goal?

 

For the last few decades, there have been a lot of conflicts around the world, and as the result, we have learned that they were for the most part meaningless. Especially, the weapons of mass destruction should be banned because they are likely to harm many innocent people. 

 

Recently, leaders of most countries with weapons such as weapons of mass destruction and nuclear weapons continue to discuss the ways to pursue peace in the world. In their meetings, they always agree that the ban of weapons of mass destruction is an effective way to achieve their purposes.

 

Furthermore, thanks to the development of technology, we can immediately take a lot of information and observe each other. For example, we can be alerted about the country that are going to do something dangerous. This means that we can help our security improve because we can check and confirm the current situation.

 

Finally, in recent years, conflicts among countries have been changing from those of physical to those of economic. For example, the United States are trying to give China economic pressure like import restriction. In general, because there is no physical damage from economic conflicts, there are less complaints than with physical conflicts like wars and using weapons of mass destruction.

 

As mentioned above, practical conflicts like wars using weapons of mass destruction are likely to decrease in near the future. I think that we can realize the peaceful world earlier than we expect because we know that keeping the world peaceful is both difficult and important. (256)

2018年

10月

31日

得意なところを伸ばして合格へ!

先週、2018年度第2回英検の合格発表が行われました。みなさんの努力の成果が出て、すばらしい成績を収めてくれました。

 

もちろんリーディング、リスニング、ライティングとバランス良く点を取ることが大切ですが、得意な技能を伸ばして合格を目指す戦略もあります。特に、小学生、中学生で準2級以上を目指す場合、リーディング、特に単語が大きな壁になります。これで勉強が嫌になるのであれば、好きな技能、ほとんどの場合はリスニングですが、こちらを伸ばすことも効果的な勉強法です。リスニングの学習をすることでも、読解力を伸ばすことはもちろん可能です。

 

例えば、今回中学生が1級にチャレンジしました。もちろん苦手なものは単語です(笑)1級の単語はとても難しいものが多く、ネイティブスピーカーでも知らないものが出ます。それならば、得意のリスニングに力を入れ、さらにライティングで合格点をとることを目標にしました。その結果ほぼ9割の得点をすることができました。ライティングが惜しくも点数が伸びず合格はできませんでしたが、次回はぜひ合格してもらいたいと思います。

また、準1級ではライティングが得意な高校生がライティング満点、2級ではリスニングが得意な中学生がリスニング93%で合格しました。

 

得意なところをもっと伸ばすことで苦手部分も伸ばしていきましょう!

合格にもいろいろな合格の戦略があります。

2018年

10月

22日

英検合格発表

本日、2018年度第2回英検の合格発表が行われました。

 

早速、準1級(2名)、準2級の合格報告をいただきました。

 

合格されたみなさま、おめでとうございます!

2次試験に向けて準備して全員で合格しましょう!

 

 

また1級を初受験の受講生からも連絡をいただきましたが、残念ながら不合格でした。ただライティングが評価されたことがとても嬉しい!とメッセージをいただきました。ホームページで紹介してください!とのことですので、ご紹介させていただきます。↓

 

以下、1級の復元答案を掲載させていただきます。

 

2018年度第2回英検1級

Has a university degree in the humanities lost its relevance in today’s world?

 

Due to the development of technology, our daily life is getting more convenient, whereas we are unlikely to feel that communication with others is necessary. However, in recent years, experts argue that it is more important for people to improve disciplines in humanities than before. Actually, in academia, there are more and more new studies, such as behavioral economics. 

 

Actually, because of recent rapid diversity in society, many universities in Japan are trying new approaches to students such as studies of industry-university cooperation. These efforts will help make humanities diversify and offer students useful opportunities to learn that different people have different ideas.

 

Furthermore, because studying humanities can broaden our perspectives, we will become more creative and flexible. This means that we can have abilities that AI will never acquire. In other words, with these skills, people will be able to control AI without being worried.

 

Finally, in many universities, many experts, students, and faculty members frequently discuss new thinking and values from an academic point of view. For instance, behavioral economics is a new hybrid academic discipline composed of psychology and economics, which many people are focused on.

 

As mentioned above, learning humanities is necessary for people to keep up with the changes of society. So, I think that many universities recognize its importance and continue to make efforts. (220)

 


2018年

10月

14日

それぞれの目標へ!

10月の英検が終わり、AO入試や推薦入試など入試シーズンの到来です。

 

受講生一人ひとりがそれぞれの目標に向かって取り組んでいます。

 

本日は、最近の受講生の取り組みを一部ご紹介したいと思います。

 

まずは、小学6年生です。6月に英検4級に不合格でしたが、リスニング&ライティングを中心とした学習に取り組み、9月のCBTで見事合格を勝ち取りました。3ヵ月の準備期間で3級を突破しました。

 

CBTはスピーキングから始まる、面接もセットで行われる試験です。負担も大きい試験ですが、一発で合格を決めることができます。今年から始まった試験ですが、今後この形式で受験する人も多くなることでしょう!

 

さて、もう一人は中学生の受講生です。

 

自由研究で県のプレゼンテーションメンバーに選ばれました。数年後に行われる国際学会での英語プレゼンテーションのメンバーに残れるように精一杯取り組んでいます。小学生の時から継続している研究の集大成を英語で世界に発信して、かけがえのない経験となることを期待しています。応援しております。

 

みなさんの目標実現に向けて引き続き全力で一緒に進んでいきたいと思います!

2018年

7月

11日

英検2次試験合格発表

喜びの声が届いております。

みなさん、合格おめでとうございます!

 

準1級

I pass the test!!! (高校生)

二次試験合格しました!先生のおかげです。本当にありがとうございました(小学生)

 

2級

先生ー!!合格しました!!!本当に本当に先生のおかげです!!(高校生)

2018年

6月

23日

英検1次試験

6月1日~3日に行われた英検の結果が今週発表されました。

 

今回は合格ラッシュで、多くの受講生が合格を勝ち取りました。

このまま2次試験も合格しましょう!

 

合格率は以下の通りです。

 

3級・・・合格率100%(中学1年生・2年生・3年生)

 

準2級・・・合格率80%(小学生5年生・高校1年生・2年生・3年生)

 

2級・・・合格率90%(高校1年生・3年生)

 

準1級・・・合格率40%(小学6年生・高校2年生)

 

 

 

 

2018年

6月

07日

英検を終えて

6月3日に2018年度第1回の英検が終了しました。

自己採点も終わった方も多いでしょう。

 

今回の感想を一部ご紹介します。

 

◆5級(小学生)

まぁまあできた!

 

◆4級(小学生)

自信満々です!

 

◆3級(中学生)

試験、無事に終わりました!

ライティングなんですけど、これで大丈夫でしょうか?

 

◆準2級(小学生)

リスニングがむずかしかったので自信がありません。

今回は何よりもリーディングが全然出来ずでした。

 

◆準2級(高校生)

リーディングできました!ライティング送るのでみてください!

 

◆準2級(高校生)

リスニング以外は合格点に達してるとは思いますがリスニングがあまり出来ませんでした。

 

◆2級(高校生)

ライティングは見たことがない問題だったということもあり少し動揺してしまいました。

 

◆2級(高校生)

リスニングで失敗しましたが、その他はできたと思います。

 

◆準1級(小学生)

次に向かっていく為にもすっきりするためにおおよそのライティングのジャッジお願いします。

 

◆準1級(高校生)

リスニング4問間違いでした!2次試験に向けてがんばります!

 

◆1級(中学生)

リスニング&ライティングができましたが、リーディングが全然ダメでした。

 

 

 

〇 2級のライティング答案例)

 

 

Some people say that too much water is wasted in Japan. Do you agree with this opinion?

 

I think that too much water is used in Japan. I have two reasons to support my opinion. First, people use too much water in their daily lives. For example, it is customary that Japanese people put water in the bathtub. They change the water every day.  Second, water is wasted in public places. I heard that in a gym where I often go, the average monthly water bill is 10 million yen. This is mainly because of the pool and bath. I think this is too costly considering people in the world who don't have enough water to live.(100)

 

講師コメント)

 

また環境の内容でした。electricityを使いすぎかという問題が2回前でした。今回も「waterを使い過ぎ」で答えるのはなかなか難しいです!

 

 

〇 準1級のライティング答案例)

 

 

Do you think keeping animals in zoos is acceptable?

 

I heard that in Europe some animal rights activists break into zoos and release some of the animals in the name of animal protection. Therefore, I don’t think keeping animals in zoos is acceptable for the following two reasons.

 

First, before humans built civilizations all living things live together. Some animals hunt others and some are hunted, and the ecological balance was maintained. Living things lived based on their instinct and I think this is the way they should be. All animals have rights to live independently. 

 

Second, the number of endangered species is increasing because of human activity. Some people say that these endangered species should be protected in facilities such as zoos, but in the history of the earth many species are extinct and new species are born. We should accept that this is natural selection. 

 

For these reasons, I think keeping animals in zoos is in a way violation of animal rights, and the balance between humans and nature should not be manipulated. (166)

 

講師コメント)

個人的に動物が幸せだったらokだと思います。

2018年

6月

06日

5月を終えて

新学年が始まり、5月が終わりました。中間テストや文化祭など学校行事も多く、あっという間の2ヵ月間だったと思います。

 

こういう忙しい時こそスキマ時間を大切にしましょう!ちょっとした時間を利用して単語を覚えてみる、数学の問題を解いてみると、ディクテーションをしてみると案外できたりします。しっかりとした時間がとれないからできなかったではなく、少し時間があるからやってみよう!と切り換えて考えると1日をさらに充実させることができるかもしれません。

 

学校は勉強だけでなく様々な活動をする場所です。いろいろなことに興味を持ち、いろいろなことにチャレンジしてもらいたいと思います。

 

以下の写真は文化祭のおみやげです。ありがとうございました!

2018年

5月

18日

1点の重み

今年、京都大学経済学部を受験した高校生が成績表を持参してくれました。

 

 

なんと合格まで1.05点です。合否が決まる試験はどこかで線が引かれます。合格点に届かなかったら1点であれ100点であれ不合格です。

 

どんな試験でも毎回1点でも多く取る姿勢で、最後の最後まであきらめないで取り組もうと受講生にはお伝えしています。そして、試験ですから合格者がいれば不合格者もいます。最初から不合格を恐れて努力しないよりも、失敗を恐れず合格を信じて取り組む方が後の人生の成功を考えると、より大きな意味があると考えています。努力して、もし結果が出なかったとしても、この努力は無駄にはなりません。

 

今後も目標に向かって全力で努力することを応援していきたいと思います。失敗したとしても人生は終わりではありません。これから先続く長い人生の一つの通過点です。次こそは成功するという強い気持ちを持って一歩一歩進んでもらいたいと思います。

 

2018年

5月

17日

英検に向けて

いよいよ2018年度第1回の英検が近づいてきました。

 

今回は5級~1級まですべての級に受講生が挑戦します。3級以上はライティング勝負の受講生が多いです。自然な英語表現で相手に伝わるように書くように練習していきましょう!

 

さて、1級&準1級対策として以下のトピックで解答例を講師が書いてみましたので、準1級または1級を受験される方はご参考ください。どちかかということ1級のテーマに近いです。

 

 

Agree or disagree:

Sexism has been eliminated from modern society

 

Points:

Job

Mass media

Government assistance

Education

 

Sexism is a difficult issue to deal with because women have been discriminated against both in employment and education. However, with women receiving higher education and getting jobs, women are now becoming able to pursue their goals. Therefore, I think sexism has been partially eliminated in modern society.

 

First, the Japanese government is now taking strong measures to promote female employment. The world is globalized and expecting female leaders to play major roles in various areas such as politics and business. This is true of regular female workers, some of whom can pursue their careers while raising children. In this case, their husbands are in charge of housework, and actually some companies provide paternity leave for male workers. This means traditional values have changed to some degree and new perspectives arise. 

 

Second, in respect of education, women are given equal opportunities for academics and athletics. Especially, female athletes are focus of attention and some of them are very successful in some sports. Even in male-dominant fields such as F1, some teams have female drivers although they have not yet succeeded greatly in this sport. I think more and more women will show their presence in a variety of fields.

 

In conclusion, women are now encouraged to play important roles in a wide variety of areas and they will have more chances to use their capacity to the fullest. Female workforce will definitely contribute to society combined with less gender discrimination. I hope sexism will be reduced and eventually come to an end in the future society. (256)

2018年

4月

11日

TOEICスコアを分析しよう!

2018年3月に行われたTOEIC試験を受験した方は、公式認定証の結果が届いたと思います。

 

どうしてもスコアのみに目がいってしまいますが、今後のスコアアップに向けて実は重要な情報が書かれています。それはAbilities Measuredというもので、スコアシートの下の部分に書かれています。

 

詳しくは以下の写真をご覧ください。

 

 

左側がリスニングのAbilities Measuredで右側がリーディングのAbilities Measuredです。

 

例えば、左側の上から3番目のところが一番高く94%となっています。ということは、Part1やPart2の問題できちんと聞き取れていることが分かります。WhereやWhenなどの比較的シンプルな疑問文の理解が高いことが分かります。

 

しかし、左側の一番上の部分が73%と下がっていることからやや複雑なものになると聞き取れていないことが分かります。これからはやや難易度の高い問題の練習を積むことが必要です。

 

このように公式認定証には今後の学習指針となる大切な情報が書かれていますので、しっかり分析してくださいね!

 

 

 

2018年

3月

17日

後期試験でも合格!

昨日、後期試験で立命館大学に合格した受講生のお母様からとても嬉しいご報告をいただきました!

 

「嬉しい報告出来ることを、家族で喜んでおります。立命館は、後期をどうしても受けたいと本人が言うので受けさせたのですが、結果、合格したのが夢のようです。210人受けて、9人の中に入りました。

 

この経験は、これから生きていくなかで、とてもいい経験でした。英語を好きに、そして、英語を得意科目にしていただき、ありがとうございました。これから、TOEICやTOEFLのスコアを上げて、今度は交換留学目指していくとおもいます。」

 

最後まであきらめないことが大切だということを感じてもらえてとても意味のある受験生活だったと思います。本当におめでとうございます!

2018年

3月

12日

合格報告ありがとう!

2017年度第3回英検の合格発表が終わりました。

 

今回も多くの受講生が目標を達成しました。おめでとうございます。残念な結果だった人の6月に向けて気持ち新たに準備していきましょう!

 

今回の合格例です。

  

2017年第3回 英検準1級 高校3年生

 

2017年第3回 英検2級  高校2年生

 

2017年第3回 準2級 中学3年生

2017年第3回 準2級 小学1年生

 

2017年第3回 3級  中学2年生

 

2017年第3回 英検4級  中学2年生

2017年第3回 英検4級  中学1年生

 

 

今日は準2級に合格した小学1年生が、成績表を見せにきてくれました!

こうやって、笑顔で報告をしてもらえることはとても幸せな瞬間です!ほんとにありがとう!

 

そして、今後のますますの成長を楽しみにしています!

2018年

3月

12日

3月11日のTOEICを終えて

昨日は2ヵ月ぶりのTOEICでした。受験された方、おつかれさまでした。

 

試験後は以下のように、今回のテストで気づいた点をすぐにメモし、次回以降のテストに生かしていただきたいと思います。

 

昨日の試験を終えた受講生のFeedback

 

リスニング)

途中でところどころ集中力が切れてしまった。

part3と4で選択を迷って、次の問題の先読みができない時があった。

 

リーディング)

part7で、マークの場所を間違えたことが2回あり、書き直しのため時間を無駄に使ってしまった。しかし、各問が終わるたびに番号を照合していたので大きなタイムロスにならなかったのはよかった。

質問の“not mentioned”の“not”を読み飛ばして解答していたところがあった。今回は見直しの時間が取れたので修正できて良かったが、普段からきちんと質問文を読む習慣をつけようと思う。

 

 

3月、4月は大学の新入生を中心にTOEICを受験される方が多いと思います。丁寧に準備をして目標スコアをクリアしましょう!

2018年

2月

08日

2017年度第3回英検合格発表

今週月曜日に英検の合格発表が行われました。

 

合格されたみなさん、次は2次試験です。今までのライティング答案の暗記を再度お願いします。また、2級、準1級の絵を見てストーリーを完成させる問題は、特に苦手な人が多いです。自分なりのパターンをつくりましょう。

 

残念ながら不合格だった人は次の6月の試験に向けて準備していきましょう。

 

2級、準1級の今回の結果を見たところ、今回のライティングから採点基準が厳しくなっているようです。論理的な矛盾、文法的なミスには細心の注意を払いましょう。これを踏まえてライティングはこちらも基準を高めて直していきます。

 

 

早速、昨日2級のクラスレッスンが始まりました。今回の試験問題のエッセイに取り組みました。

賛成、反対意見のどららも出ました。今回は賛成答案をご紹介します。

 

Some people say that the number of cars in cities should be limited. Do you agree with this idea?

 

 

 

I think that the number of cars in cities should be limited. 

 

Firstly, in cities, public transportation is so widely-spread that we can go to any place by bus and subway and so on. It is more punctual and convenient for us to use them than driving by ourselves.

 

Secondly, if we reduce car usage in daily lives, it will lead to the solution of the environmental problems, for example, the decrease of carbon dioxide. Moreover, it will make us healthy because we need to walk.

 

As mentioned above, I think that we should review our reliance on using cars in our lives.

(103)

 

2018年

1月

23日

2017年度第3回英検を終えて

今回の英検も小学生~大学生まで多くの受講生が挑戦しました。自己採点結果も終え、結果報告が届いているところです。

 

前回3級に合格した中学生が準2級を受験しライティングを除いて7割の出来でした。

単語には苦しみましたが、ディクテーションでリスニング力を上げました。高校受験も控えていますが、努力して乗り越えてくれました。

 

合格可能性のある人は引き続き2次試験に向けて練習をしていきましょう。

 

さて、今回の英検の準備ではみなさんライティングに苦しみました。論理的に答えることの難しさを、小学生、中学生、高校生が実感してくれました。この練習はとても意味のあることです。

 

以下はアメリカ人からの指摘です。

 

『日本人が英語で抱える問題は自分が普段触れないtopicに対する答え方です。英語は日本語と違う文化から生まれたものであり、試験などで取り上げられる英語での話題を日本人が日常的に考えることはありません。例えば、日本人同士で「日本の文化についてどう思う?」という質問はしません。しかし、英語ではお互いを批判したり、他の国や自分の国についてはっきり意見を持っています。英語は議論をするための言語であり、日本語は協力や集団という考えが根底にあります。問題は英語(力)というよりも経験だなのです。』

 

今回の2級のライティングのテーマ(都市部における車の数を制限するべきか)はTOEFLやIELTSという留学を目指す人が受験する試験のテーマとしてよく取り上げられるものです。幅広いトピックに触れ、論理的に考える習慣を身につけ、議論する経験を積んでいきたいと思います。

 

 

2018年

1月

20日

いよいよ明日英検!

昨日より2017年度第3回の英検が始まりました。ほとんどの方は日曜日受験なので、明日が試験です。

本日は単語とライティングの最終チェックをしましょう!

 

ここではライティングのよく間違えるポイントをご紹介します。

 

①First, の後ろを大文字で書いていまう人が多いです。例えば、First, We have to … 。

 確かに I は常に大文字ですが、基本的には文頭以外は小文字です。

 あと、the Internetも I は大文字です。

 

②助動詞(canなど)の後ろは原形。can studyingはNG! 

 

③because, のカンマは不要。

 また SV. Because SV. もNG!  SV, because SV. としてください。

 

④ SVとSVをつなぐときはandが必要。SV, SV.は避けてください。

 

⑤3人称単数(he, sheなど)のときは動詞にsをつける。また名詞も一般論の場合には複数形(s)で書きます。

 

⑥increaseの主語はthe numberです。

 the number of people who ~ will increase in the future.

 「~する人が将来増えるでしょう。」

 

 

みなさんの健闘を祈ります!

 

2018年

1月

12日

センター試験

いよいよ明日センター試験が始まります。最近では私立大学専願の受験生でも受験する場合が多くなり、推薦入試などで合格が決定している生徒を除き、ほとんどの受験生が受験します。

 

多くの受験生がセンター試験での得点率によって受験する大学を決定します。試験結果が公表されるのは4月です。各受験生は問題文にメモした答えを自己採点して、大手予備校が発表するボーダーラインなどのデータと照らし合わせます。ここでマークミスをしていると、自分の自己採点結果と実際の得点が異なっている場合があります。細心の注意力を持ってマークしなければなりません。

 

国公立大学の合否はセンター試験の得点と2次試験の得点の合計によって、合否が決まります。大学によってセンター試験の得点を圧縮(900点→650点など)したり、そのまま反映させたりと様々です。また、最近では英検やTOEICなどでの特例措置があります。例えば、一部の大学では英検準1級に合格しているとセンター試験で満点が与えられます。(鹿児島大学2017年度~、広島大学2019年度~)

 

このセンター試験の結果が大学の合否を決定するといっても過言ではありません。センター試験がダメでも、2次試験の挽回があるじゃないか、と思ってしまいますが、そういった逆転は多くありません。実際、合格者を上から順に並べた場合、センター試験の得点率順であることが多いのです。特に現役生の場合は2次試験で浪人生に勝つことは簡単なことではありません。2次試験の得点比率が高い一部の大学を除いて、センター試験で高得点を取ることが不可欠です。

 

 

さて、センター試験は標準的な問題で構成され、いわゆる難問が出題されることはありません。にもかかわらず、なぜ平均点が約6割なのでしょうか?

 

 

それは時間制限があるからです。

 

試験時間は本当に短いです。 そして、センター試験は総合点レベルでも、教科レベルでも総合的な力を試すものです。ある教科が得点できたとしても、ある教科で大失敗してしまったら、総合点という観点から見ると、取り返しのつかないことになります。実際この2つの教科になり得るのが、国語と数学です。国語の出来がよいのに、数学で大失敗。数学は健闘したのに、国語で2桁得点。各科目バランスよく得点することがいかに難しく、重要か、残念ながらセンター試験を受験したあとにようやく分かることも多いのです。

 

そして、各科目それぞれについても同様です。大きな失敗をしないよう、全体を見渡して得点すべき箇所をきちんと見極めて得点することが何よりも大切です。満点を取ることは理想ですが、なかなかできません。そういった時、得点できる箇所を確実に得点して、自分が達成できる最高得点を目指す必要があります。

 

英語、数学、国語、特に数学は時間との戦いです。時間内にいかに正確に速く解くかが勝負です。ちょっとしたミスが命取りになります。本番の試験という緊張している中で、平常心で細心の注意力を持って解かなければなりません。

 

 

実際に英語のリスニングでしてしまったミスをご紹介します。

 

2014年のセンター試験の問題です。

 

(例) ~ keep (     )  him so he wouldn't get lost.

①an eye on  ②away from  ③ back from ④ in time with

 

答えは①(彼が迷子にならないように目を離さない)なのですが、なぜかkeepときたら②keep awayだと思い込んで答えてしまったようです。見直しでも気づかなかったので、丁寧に見ていなかったのでしょう。このようにパッと答えを決めてしまうことは危険です。

 

 

もう1問ご紹介します。

 

2014年のリスニングの問題です。

リスニングの最後の問題はややTOEICのPart4に似ていて、文章を聞いた上で3つの質問に答えます。

 

以下、英語(リスニング)の問題です。

 

問25 What ~ elderly people gain from ~ grandchildren?

① They become familiar with the latest technology.

③ They keep up with the latest fashion trends.

 

問題は、「おじいちゃん、おばあちゃんが孫たちと同居することでどんな利点があるか。」というものです。音声からは、~teach their grandparents how to use computers and keep up with the latest technology(孫たちと過ごすことで、コンピューターの使い方が分かり最新の科学技術に遅れずについていける)とありました。③のkeep up withに釘づけになり、fashionをまったく見ていないとこちらを選びます。最後の最後に集中力のスキができてしまうと間違えてしまいます。

 

 

時間に余裕のある科目については、見直しの際には、他の選択肢も検討することを忘れないでください。得点できる問題で落としてしまうと悔やんでも悔やみきれません。

 

普段の模試で9割以上得点している受験生でもmoderationを「現代」(正しくは「適度」。moderateの名詞形)と見間違えてしまったり、数学においては2+√3とするところを、あせって3+√2としたり、あるいは解答用紙には②と書いてあるのに③と転記ミスをしたり、本番は模試以上に何が起こるのか分かりません。

 

来年度以降を受験予定の方へ

どの教科も本番に近い環境で何度も演習することがやはり重要です。来年以降のセンター試験を受験予定の高校生は、毎回のマーク模試に本気で取り組み、何度も復習して、自分なりのセンター力を身につけていってください。特に得点できる問題で確実に得点する力を磨いてください。

 

2018年

1月

11日

ご兄弟・姉妹または保護者様との受講につきまして

現在好評をいただいているのが、ご兄弟・姉妹での受講と、受講生&保護者様でご受講いただく個別指導です。受講生お一人の受講料金のみで追加料金などはありませんので、ご希望される場合はお知らせください。

 

ご兄弟・姉妹での受講例)

高校3年生(TOEIC)+中学3年生(英検2級)

高校1年生(英検準1級&数学)+中学2年生(英語&数学)

中学生3年生(英検準2級)+中学1年生(英検3級)

 

なお、お一人の場合でも英語&数学の受講は可能です。

 

また、受講生が小学生の場合、保護者様にはご自宅での学習サポートをお願いしておりますので、保護者様もご一緒ご参加していただけるとご自宅での学習の参考になると思います。

 

現在、小学生1年生~6年生の受講生と保護者様が4組、中学生1年生~3年生が2組、高校生が1組、毎週いらっしゃっている方もいます。お父様のご参加も歓迎します。親子で受講する個別指導をぜひご体験ください。

 

◆小学6年生の保護者様の声

他の教室では親がレッスンを見に行くと嫌がられる場合が多いので嬉しく思います。私自身も英語を勉強したくなります。

 

◆中学2年生の保護者様の声

毎回充実した授業を楽しみにしております。

2018年

1月

04日

Happy 2018!

新年あけましておめでとうございます。

 

2018年も受講生のみなさまの目標実現に向けて精一杯取り組んで参ります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

2017年を振り返りますと、多くの受講生が英検と定期テストですばらしい結果を残してくれました。

 

まずは英検です。英検2級と準1級の合格率は過去最高で、特に準1級は2017年全体で合格率70%を達成しました。また今月行われる第3回英検では4級から1級まで多くの受講生が受験します。引き続き本年も多くの受講生が合格を勝ち取れるように全力でサポートさせていただきます。

 

そして、次に定期テストです。こちらは充実のWEB教材と合わせて多くの受講生に取り組んでもらいました。ご自宅でもお好きな時間に学習に取り組め、一人ひとりに合わせたペースで進めることができるため、効果的・効率的な学習を実現させることができました。12月に行われた期末テストでは、数学のテストで25点から65点まで伸びました!という報告もいただき、とても嬉しく思っております。

 

 

さて、2018年は以下の点に力を入れていきたいと思います。

 

 

①英検

高校生全員の英検2級合格を目指します。また、高校生での英検1級、小学生・中学生での英検準1級&2級合格を応援して参ります。

 

 

②定期テスト(中学生・高校生)

欠点を取ることがないよう、英語&数学だけでなく、社会&理科も日常的に学習する習慣を身につけます。

 

 

③TOEIC

本日早速、12月にTOEICを初めて受験した高校生が665点を取りました!という報告をしてくれました。TOEICでもみなさまの目標スコア実現に向けて丁寧に準備していきましょう!

 

 

当教室では保護者様の授業見学が可能です。特に小学生の保護者様には積極的におこしいただいています。ご興味のある方はぜひ、お子様とご一緒に教室にお越しください。お待ちしております。

2017年

11月

16日

合格おめでとう!

2017年度第2回英検の結果が火曜日に発表されました。12日に面接試験を受験した方は来週発表です。

 

昨日は高校生が準1級の合格を報告してくれました。ご家族もとても喜んでくださったようで、特におじいちゃんが感動してくれたということです。そういったご報告はとても嬉しく思います。今後もみなさまのたくさんの笑顔を見られるようにともに取り組んでいきたいと思います。

 

さて、英検クラスは現在5級~1級まであるのですが、1回のレッスンで基本的に4技能全てを扱います。Speakingにも触れますので、二次試験直前期にあせることもなく受験を迎えることができます。

 

さて、ここでクラスレッスンのご紹介をしたいと思います。通常3名から4名のクラスで、意見交換を積極的に行います。一番盛り上がるのがライティングの答案を発表するときです。賛成・反対の意見が出るなかで、こうやって書いたほうがいいのではないかと指摘しあうこともあります。

 

 

さて、11月第1回のレッスンでは2017年度第2回の英検2級のEssayを受講生で作りました。今までで一番書きにくいテーマだと言っていました。

 

以下をご参考ください。そして、これを暗記してspeakingにつなげます。

 

Do you think people today use too much electricity?

 

I think that people today use too much electricity. I have two reasons to support my opinion.

First, if we look at the earth from space, there are many dots of lights. This means that many people use electricity all night especially in big cities. Second, we have now a lot of environmental problems. Therefore, we are interested in environmentally-friendly products such as electric cars.  In this way electricity plays an important role in our lives. For these reasons, people depend heavily on electricity in our lives. 

 

 

2017年

10月

27日

英検準1級のライティングで満点が3名!

2017年第2回英検では、高校生5名が準1級を受験しました。そのうち3名が初受験でした。

 

そして、5名中3名がライティング満点で見事合格しました。現在のところ1名のデータが届いていませんが、現在分かっている点数では、3名が750/750で1名が624/750でした。なんと4名の平均点は718.5点です。満点3名は6月の英検終了後、毎週ライティングを書き続けました。少しのミスはあっても自分の意見を自然な英語表現で書けたことが満点の要因でしょう。

 

今回初受験で合格した高校生は、1月に準2級、6月に2級、10月に準1級と今年の1次試験ですべて合格したことになります。もちろん面接に向けて対策していきますので、合格を勝ち取ってもらいたいと思います。

 

みなさんも目標に向かって努力すれば目標はかなえられることでしょう。

 

それでは、1名の満点解答例を紹介したいと思います。一部修正しております。

 

TOPIC

Agree or disagree: The Japanese government should do more to protect

the environment

 

POINTS

● Economic costs

● Endangered species

● Natural resources

● Pollution

 

These days, human activities have had a bad influence on the environment such as deforestation. I think the Japanese government should do more to protect the environment. 

 

First, some Japanese people import animals from other countries. They have these animals as pets, but it's difficult to raise them domestically like dogs or cats. Then these pets are often taken and left on mountains. These pets become wild and they eat and hurt native animals. Now many animal species are in danger. 

 

Second, Japanese people consume natural resources in order to build houses or use as energy. However, the amount of natural sources is limited. The government should implement policies for better use of natural resources. 

 

Therefore, the Japanese government should maintain a good environmental policy.

2017年

10月

23日

英検2次試験対策 レッスンのご案内

11/3  2次試験直前対策レッスン ・・・ 3級・準2級・2級・準1級

 

さて、本日英検1次試験の合格発表でしたが、早速うれしいご報告をいただきました。高校生が準1級でCSEスコア全体で約9割の得点(ライティングは満点)で見事合格しました。前回の6月から比べると300点近いアップでした。努力すれば報われるということを示してくれ、とてもうれしく思います。

 

合格されたみなさま、おめでとうございます!

 

さて、1次試験の次は面接です。こちらは丁寧な準備をすれば合格できる試験ですので、気持ちを切り換えて取り組んでもらいたいと思います。

 

そこで、11月3日、英検2次試験直前面接対策グループレッスンを行います。

 

当教室の受講生の英検2次試験合格率は100%を継続しております。

ぜひこの機会にご受講をご検討ください。1回50分4,320円でご受講可能です。

 

入会金、教材費は不要です。ご希望の方はお問い合わせください。

また個別レッスンをご希望の方はお電話にてお問い合わせください。

 

教室:摂津本山教室

 

3級

11月3日金曜日12:00~

 

 

準2級

11月3日金曜日9:00~

 

 

2級

11月3日金曜日10:00~

 

 

準1級

11月3日金曜日11:00~

 

※受講生のご希望により時間を変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

受講料:1回50分:4,320円  

2017年

10月

03日

7月のTOEIC

昨日7月のTOEICの結果がインターネット上で発表されました。

 

早速、高校生と社会人の受講生が報告してくれました。高校生はL:420 R:350で前回より10点アップでしたが、目標の800点には届きませんでした。10月、再チャレンジです。

 

そして、社会人の方は画像で得点をお知らせいただきました。

めずらしくReadingの得点がListeningの点数を超えています。450点以上ではよく起こることですが、300点台ではめずらしいことです。理由を聞いてみると、リスニングのときに、気を失ってしまったそうですzzz。前日はお仕事で忙しくあまり睡眠時間を取れなったようです。なんとか立て直したそうですが、やはり体調を整えて受験しないと得点を伸ばすことはできません!次回は目標のL:450 R:450を目指して、準備していきましょう!

2017年

9月

29日

英検まであと一週間!

いよいよ来週金曜日から2017年度第2回英検が始まります。

 

今回は英検1級・準1級、2級、準2級、3級に受講生が挑戦します。それぞれの目標に向けてあと1週間世一杯取り組んでいきましょう!エッセイは最後まで点数を伸ばせますので、Lineやメールでどんどん送ってください!

 

特に準1級は多くの受講生が受験しますので、準1級の予想問題&添削例を紹介します。ご参考ください。

 

 

These days, the news often shows the personal lives of famous people that we see in movies and on television. Do you think too much focus on them is good?

 

Points

Human rights

Freedom of mass media 

Public interest

Celebrity culture

 

 

 

受講生の解答例)

I thinks it is not good to focus on celebrities so much. Actually, many people are interested in their lives, but I think it is important for them to keep their lives away from public. I have two reasons to support my opinion.

 

Firstly, we must recognize that they are not only stars but also individuals. As they spend most of time in public, it is essential for them to enjoy their private time for smoothing adversely. Anyone have no right to monitor their lives. Such behavior might be a lapse of ethics.

 

Secondly, coverage to focus famous people has risks to give audiences different impression from their reality. Sometimes we have been misunderstanding by being influenced by manipulation of information. If the celebrities might be suffered from these information, it must be serious problem on human rights.

 

For these reasons, I think that too much focus on celebrities is not good.

 

 

添削例)

I thinks it is not good to focus  on celebrities too much. Actually, many people are interested in their lives, but I think it is important for them to keep their personal lives private. I have two reasons to support my opinion.

 

Firstly, we must recognize that they are not only stars but also individuals. As they spend most of the time in public, it is essential for them to enjoy their private lives for smoothing out adversity. No one has the right to have their lives monitored. Such behaviors might be a lapse of judgement. 

 

Secondly, coverage that focuses on famous people runs the risk of giving the audience different impressions from what is reality. Sometimes we have misunderstandings by being influenced by the manipulation of information. If celebrities suffer from this misinformation, it could be serious human rights problems.

 

For these reasons, I think that too much focus on celebrities is not good.

 

human rights と celebrity cultureがわかりにくかったと思いますが、human rightsが人間としての基本的な部分で、「人権」と訳されます。child slavery(子どもの奴隷)のように、人間としてのbasicな部分にあたります。

 

一方、celebrity cultureは、「有名人の個人的な生活文化」といったニュアンスです。

Too much news focus is not good for celebrities as they have a right to enjoy their private lives.(有名人のプライベートに注目しすぎることはよくない)

という文はhuman rightsというよりもcelebrity cultureの点で書いていることになります。

2017年

9月

11日

グループディスカッション

昨日、摂津本山教室でAO入試対策のグループディスカッションを行いました。

 

日本語クラスは小論文や就活コースを担当する松岡先生が、英語クラスはアメリカ人講師のエリックが担当しました。高校生5名(男子2名、女子3名)が参加しました。個性あふれる受験生、高校生が集まり、本番の雰囲気をつかんでもらいました。

 

昨日のテーマは大きく捉えると「差別」でした。アメリカの人種差別の問題は内容が高度で理解しにくい部分がありましたが、なんとか理解しようと努力している姿が印象的でした。

 

当教室では、受講生が日本語はもちろんのこと英語でも、自分を表現する場を定期的に設けています。次回もみなさんのご参加をお待ちしております。

 

2017年

9月

09日

明日はTOEIC

明日のTOEICには、社会人2名、大学生2名、高校生2名が受験します。

 

明日のテストに向けて、本日は自身のミスを振り返って明日につなげてもらいたいと思います。

 

まずListeningです。ListeningのPart2では400点台後半の方でもQuestionが何だったのか忘れることがあります。集中して問題を聞き、質問文を忘れないようにお願いします。またPart3、Part4は問題を解くリズムを確認してください。それぞれのPartを複数問連続で練習しましょう。

 

次にReadingは、Part5の文法に関する問題で、間違えた箇所の確認を必ずお願いします。同じポイントの問題が明日も出題されますので、知識の整理をお願いします。また、Part7は注意力が大切です。問題を丁寧に読んで本文を丁寧に探してください。英語力以外の部分で失点するのはもったいないです。明日こういったミスを最小限にするために復習をお願いします。あとは解く順序をシュミレーションしておいてください。Part6は時間をかけすぎないようにしましょう。特に文を入れる問題は難易度が高い場合が多いです。

 

それでは明日はみなさんの持っている力を出し切ってきてください!

 

2017年

8月

28日

グループディスカッション(AO入試対策)

AO入試の出願が始まり、入試シーズンが幕を開けようとしています。

 

AO入試ではグループディスカッションを試験として課す大学があります。

そこで、9月10日に英語と日本語を交えたグループディスカッション対策レッスンを開講いたします。

 

 

日時:9月10日日曜日16:30~

 30分:日本語(日本人講師) 60分:英語(アメリカ人講師)

 

場所:摂津本山教室

 

対象:グループディスカッション対策を行いたい大学受験生

 

受講希望の方はお問い合わせください。

 

 

2017年

8月

25日

うれしいご報告

本日はとても嬉しいご報告をいただきました。

 

狭き門である大手航空会社にCA(客室乗務員)として内定が決まりました!というご連絡をいただきました。

 

美濃岡先生からの多くの課題をこなすことでTOEICスコアを250点アップさせ、就活サポートの松岡先生と面接対策を繰り返し、目標のCAとしての内定を勝ち取りました。本当におめでとうございます。

 

CAを目指す方たちにまたいろいろとお話を聞かせていただければと思います。

 

今後のご活躍をお祈りしております。

 

 

今後もみなさんの夢の実現を応援して参ります。

2017年

8月

07日

TOEIC S&W 

TOEICといえばListeing&Readingを受験する方がほとんどだと思いますが、最近ではSpeaking&WritingをAO入試などの受験資格として求める大学が増えてきています。

 

さて、このTOEICのS&Wの試験ですが、Speakingが20分、Writingが60分です。

 

Speakingでは、絵を説明する問題や簡単な質問(例:Which season do you like the best?)に答える問題、さらには自分の意見を話す問題(例:Do you want to live in the rural area?)まであります。制限時間が15秒、30秒、60秒など様々で、準備時間が15秒です。瞬発力が要求される試験です。

 

こういった問題は普段の教室のレッスンでも取り入れています。ネイティブスピーカーの解答例を紹介し、自然な英語で話すことを練習します。例えば、こんな感じです。

 

What is your favorite place?

 

I often go to Nishinomiya Gardens. It's an important place for me to go to because it is an easy escape from reality.  Recently, I watched the Pirates of the Caribbean at TOHO cinema. This relived my stress. 

 

日常的な事を英語で話す訓練を繰り返すことで、瞬発力を高めます。あとはeasy escape from realityといったネイティブスピーカーらしい表現を身につけます。

 

また、Writingでは、300語のエッセイが最後に出題されます。これは時間をかけて書く練習を積み、アメリカ英語で添削します。添削された英語を音読しSpeakingにつなげていきます。

 

今後ますますニーズが高まるであろう、Speaking&Writingの試験ですが、声に出して自分の意見を言うことが大切です。日々練習していきましょう!

 

 

 

2017年

8月

05日

夏期講習も後半へ!

いよいよ夏期講習も後半へ入りました。

 

夏休みの前半では学校の宿題を終わらせることに集中している高校生が多かったため、ある程度宿題を完成できた人もいることでしょう。ある程度自由な時間ができたら、今までの復習や模試・試験に向けて準備をしていきましょう。

 

そして、いよいよAO入試の出願時期になってきました。今年も英検やTOEFLのスコアを利用して受験予定の受験生は、自己PRや志望書の仕上げの段階に入ってきました。丁寧に書き上げていきましょう!

 

夏期講習は後半から参加する受講生もいますので、みなさんのご参加をお待ちしております。

夏期講習受講をご検討中の方はお問い合わせください。

 

◆ 夏期講習

 

西宮北口教室では以下のスプレマシークラス(2名~3名)を開講中です。

最高(supremacy)レベルの英語を身につけたい方はスプレマシー英語をご受講ください!

 

8月期(夏期)

中学1年生クラス土曜日13:00~

中学3年生クラス土曜日15:00~

 

対象:

至高の英語力を目指す中学1年生、中学2年生、中学3年生 、高校1年生、高校2年生

(灘、甲陽学院、大阪星光学院、東大寺学園、神戸女学院、洛南付属に通う中学生・高校生)

 

内容:1回50分/月4回 (受講料:14,400円)

目指すのは最高(Supremacy)レベルの英語力。

「読む、書く」を基本に、「聴く、話す」能力も徹底的に鍛えていきます。

 

1日のレッスン内容例

①単語テスト

②リスニング復習テスト

③ライティング添削

④スピーキング

 

  

MBUSの英語カリキュラムに英検1級合格、TOEIC900点設定します。

 

1年目→英検3級合格

2年目→英検準2級合格

3年目→英検2級合格

4年目→英検準1級合格 

5年目以降→英検1級合格、TOEIC900点

 

中学1年生から英語学習を開始した場合、

高校2年生(5年目)で上記の目標を達成するカリキュラムを組んでいます。

 

圧倒的なボキャブラリーに加え、大学入学と同時に英語を使いこなせる力を身につけます。

英語を究めたい中学生・高校生の参加をお待ちしています。

 

 

※受講には試験に合格することが必要です。ただし新中学1年生で、灘、甲陽学院、大阪星光学院、東大寺学園、神戸女学院、洛南付属の合格者は試験を免除します。

2017年

7月

15日

英検2次試験合格おめでとうございます!

今週の火曜日に英検の合格発表が行われました。合格された方は合格証書がご自宅に届いている頃だと思います。合格されたみなさん、合格おめでとうございます。受講生のみなさんの努力の結果、今回も2次試験合格率100%を継続しております。

 

試験は7月2日、9日に行われました。2級、準1級に合格した受講生が受験しました。面接は緊張するものです。最初と最後の質問でうまく話せなかったという高校生もいましたが、無事合格しました!また、最初に'Please introduce yourself.'という質問に戸惑った小学生も、質問に丁寧に答えて合格できました。こういった場面できちんと自分を表現できることは今後のみなさんの大きな自信になることでしょう。今後のさらなる目標に向けて英語力のみならず、表現力も身につけていきましょう。

 

2020年より大学入試制度が大きく変わります。英語は英検などの外部機関の試験が入試に取って変わる予定です。英検に合格するための勉強は、4技能を鍛えられるだけでなく、教養を身につける上でもとても効果的です。また英検を受験したことがない方はもちろんのこと、将来の大学入試を目指す方もぜひこの機会に英検の勉強を始めてみませんか。当教室では英検5級~英検1級まで幅広く対応しております。みなさまのチャレンジを応援したいと思っております。

2017年

7月

01日

ライティングを制するものが英検を制す!

今回の英検では特にライティングに力を入れました。これが高い合格率につながりました。

準1級と2級はそれぞれ15/16と16/16の答案を復元しておりますので、ご参考ください。

(一部修正しております。)

 

英検1級

受講生平均点 711/850 (27/32) 

 

 

英検準1級 

受講生平均点622/750

 

答案例 667/750(15/16)

Agree or disagree : Japan should become a completely cashless society.

 

These days many Japanese people use credit cards or IC transfer and many stores introduce this system. So I think Japan should become a completely cashless society. I have two reasons to support my opinion.

 

First, cashless will help lower the crime rate. Some thieves might rob your belongings/steal your cash and use your cash. On the other hand, when we use cards, we have card security such as PIN numbers. 

 

Second, it is easier to manage both change and people’s money. Currency comes in various coins and bills so it’s troublesome to deal with small change instead of paying with a credit card. With a card, transactions require just one motion when you swipe or tap the card, and you can finish your purchase. 

 

For these reasons, I think Japan should become a completely cashless society. Then we can use money more conveniently.  (144)

 

 

英検2級

受講生平均点535/650

 

答案例 650/650 (16/16)

Today, more and more young people are starting their own companies. Do you think this is a good idea?

                                                            

I think someone's starting their own companies is a good idea. I have two reasons to support my opinion. First, that person can work at their own pace. This way to work is less stressful than working in a normal work place. if they want to come home earlier than usual, they can do this. Second, they may be able to make a new kind of company which doesn't exist yet. The new types of companies can solve a lot of difficult problems, help people, and contribute to the society. Therefore, young people should start their own companies.  (98)

 

2017年

6月

25日

準1級&2級:合格率70%

(2次試験についてはこちらです。)

 

2017年度第1回1次試験の結果が出ました。

今回は英検準1級と2級の受験者のみで、合格率約70%を達成しました。過去最高の合格率です。

  

準1級 ・・・ 高校生1名・中学生1名・小学生1名

 

英検準1級:受講生平均点1800点 (合格最低点1792点) 

ライティング:受講生平均点622点/750

 

2級 ・・・ 高校生4名・小学生1名

 

英検2級:受講生平均点1587点 (合格最低点1520点)

ライティング:受講生平均点535点/650点

 

準1級では受験者全員のライティングの点数が600点(607点:13/16以上)を越えました。当教室が目指す、自然な英語で自分の想いを伝えられるようになるという目標が少しずつ達成できているのかもしれません。今後も力を入れて行きたいと思います。

 

 

それでは、7月2日、9日の2次試験では全員で合格しましょう!

 

以下は合格者の試験の感想と2次試験、さらなる目標に向けての意気込みです。

2017年

6月

19日

英検合格発表速報!

本日英検の合格発表がありました。

 

本日の英検2級のクラスでは、今回受験した2名の高校生が早速合格を報告してくれました。2人とも初受験での合格です!前回の準2級合格から4ヶ月で合格した高校生は合格したことに達成感を覚え、さらなる目標に向かって気持ち新たに取り組むと宣言してくれました。

そして、1人の高校生はなんとライティングで650点満点でした。毎週のessayの課題をこなし、きちんと修正できたことが高得点の秘訣です。

 

面接試験までは話す練習を毎日して、さらに準1級の単語&ディクテーションにも取り組んで、さらなる高みを目指して進んでいきましょう!

 

合格されたみなさん、おめでとうございます!

 

そして、悔しい思いをしたみなさん!早く合格することが必ずしも良いわけではありません。求められているレベルに見合う英語力と教養を身につけて合格してほしいと思います。あと少しで合格だった場合は、もちろん残念ですが、もう一度しっかり準備をしてチャンレンジしましょう。 次回10月の試験はすぐにやってきます。リベンジするチャンスは目の前にあります。今日できることから始めましょう!Take care of immediate opportunities!

 

以下は、次回の目標に向けての受講生の意気込みです。

2017年

6月

15日

英検準1級writing cashless society

Agree or disagree:

Japan should become a completely cashless society

 

これは2017年度第1回英検のエッセイのテーマです。

解答例を英検1級に向けて高校生に書いてもらいました。

 

本番の試験会場ではcashlessをbarter economic system「物々交換」だと思った人もいたようです。それならcurrencylessですね。でもgood thought processです!

 

 

Technology has made your lives convenient in many ways and cashless is one of them. You can enjoy the benefit of cashless while grasping your spending habits. So I think Japan should be a completely cashless society. 

 

First, it is good for businesses because they don’t need to hire so many people. For example, when you go to a cinema you can get your ticket if you pay in advance on the Internet.  The only time you interact with the person is when you check in. This might mean that there is less need for cash delivery service. 

 

Second, cashless society would be advantageous for consumers. You can easily check how much money you spend and what purpose you use it for. This is because such data will usually be saved in the computers. In this way, you can reduce wasteful spending. 

 

However, regarding privacy, you should be careful about your personal information when you use your credit card. If you go to a drug store and pay in cash, they don’t know who you are unless you have a membership card.  Credit cards as well as membership cards enable them to survey you. They can get information about your age and where you live. That’s why cash has more privacy than cashless.

 

In conclusion, there are a lot of convenient points for becoming a cashless society, so it is important to start introducing such system while considering controversial problems. (240)

 

2017年

6月

06日

英検1次試験を終えて

6月2日金曜日から始まった2017年度第1回英検ですが、日曜日に終了しました。受験されたみなさん、おつかれさまでした。

 

英検3級、準2級でも英作文が導入され、どんなテーマが出るんだろうと緊張感を持って試験に臨んだ人も多かったと思います。

 

昨日の英検2級対策のクラスでは自己採点を行いました。また英作文は講師がチェックし、予想得点を出しました。今年の2月に準2級に合格したばかりの高校生は、今回の試験で合格基準に達するであろう点数を取りました。約4ヶ月の準備期間でしたが、精一杯取り組んでくれた結果が出たと思います。その後、早速面接対策に入りました。ストーリーをつくって話す問題もあり、1次試験とは違った形式で戸惑っている受講生もいましたが、ライティングで鍛えられた力はスピーキングでも大いに役立ちました。コミュニケーション力アップを目指して準備をしていきましょう。

 

英検の2次試験は準備をすれば合格できる試験です。自己採点である程度の点数が取れている見込みの方は面接対策に入りましょう! 

 

 

2017年

5月

27日

英検まであと1週間!

いよいよ英検まであと1週間となりました。2級までは学校受験も可能ですので、早い人は金曜日に試験です。

 

当教室では2級・準1級を中心に小学生・中学生・高校生・大学生・社会人の方がチャンレジします。特に小学生・中学生はリスニング&読解で8割得点し、英作文で高得点を取る戦略で挑みます。

 

読解問題ですが、選択肢を最後まで丁寧に見ることです。直前期は時間配分を意識して全体的な練習をします。どうしても急いでしまいますので、選択肢を最後まで丁寧に見ることが大切です。最初の方に大切なことが書いてあっても後ろが違うことが多いです。要チェックです!

 

またリスニングはTOEICでもそうですが、前の問題を振り返らないことです。わからなくても目の前の問題に集中してください。攻めの姿勢でお願いします!

 

それではあと1週間、実戦演習を行っていきましょう!

 

 

2017年

5月

10日

英検ライティングのポイント

英検の1次試験で英作文が3級・準2級に導入されます。

 

今回は準2級・2級・準1級を目指される方を対象にライティングでのポイントについてお話します。英検1次試験のライティングでのポイントは、「構成を意識する」ことです。

 

ご参考ください。

2017年

4月

24日

英検3級&準2級にライティング導入!

2017年度第1回の英検より英検3級と準2級にライティングが導入されます。

 

 

3級:25語~35語&理由2つ

 

例題)  Which season do you like best?

 

 

答案例

 

What is your favorite season?

<1>

I like summer the best because in summer we can swim in the sea. (14)

 

<2>

I like summer the best because in summer we can swim in the sea and in the swimming pool. Also we have a long vacation in summer. (27) 

 

<3> 

My favorite season is summer. This is because in summer, due to the high temperature and extended daylight, we can enjoy various activities, such as swimming and going on hikes.  (30)    

 

 

 

<1>は25語に達していないのでダメです。制限語数は守るようにお願いします。

<2>は27語で理由が2つ書かれているのでOKです。

<3>制限語数もバッチリでとても上手な英文ですが理由が1つしかありませんので減点対象になるでしょう。

 

繰り返しますが、 制限語数&理由2つ です!

 

 

 

準2級:50語~60語&理由2つ

 

例)What would you like to take to a deserted island?

      (無人島に何を持っていきますか?)

 

答案例

<1>

I would like to take a pen to a desert island. This is because the life on the island will be very interesting and exciting, and I can never experience something like this in daily life. So I would take a pen and make notes in order not to forget these precious experiences. (53)

 

<2>

I would take a book to the island. First, I would want to feel relaxed by reading books such as detective stories instead of exploring the actual island. Second, if I feel cold, I could use these books as firewood and they will make me feel warm. Therefore, books are essential if I go to a deserted island. (58)

 

 

<1>は理由が1つなので、理由を2つ書いてください。内容は理想的ですが。

<2>は理由が2つでOKです。結論も書かれていて問題ありません。

 

 

準2級も理由2つ書くのを忘れないでください。

 

 

以上を踏まえて英検3級を受験する方は英検準2級の2次試験の問題を使って練習してみてください。準2級の方は英検2級の面接の問題で書く練習を積むと効果的です。

 

 

◆ 参考

 

2016年度~

 

2級:80語~100語

 

準1級:120語~150語

 

1級:200語~240語

 

 

2017年

4月

18日

新学期も目標実現に向けてスタート!

新生活が始まり、新しい出会いや環境に緊張しつつも、胸を躍らせている方も多いのではないでしょうか。

 

さて、当教室では5月の模試、学校のテスト、TOEIC、6月の英検、秋のTOEFL・IELTSに向けてスタートを切りました。ある高校生は学校の問題集、メジアンの予習を必ずやってから学校の授業を受けます、と宣言しました。予習の時間をきっちりとるためには、毎日のスケジュールを管理する必要があります。そこで、毎日の勉強予定を手帳に書き込んで実際にどういう風に過ごしたのかを書いてもらうことにしました。なんとなくではなく意識的に取り組むことで、目標を達成しやすくなります。

 

6月の英検は1級、準1級、2級に多くの小学生・中学生・高校生・大学生がチャレンジします。今年度の英語クラスのテーマは「現場に触れる」です。

 

英検準1級以上を受ける受講生には、YouTubeの動画を使ってご自宅でスピーチや対談を聞いてもらう課題を出します。オバマ大統領、トランプ大統領の演説、国連総長のインタビューなどです。

 

最近では、トランプ大統領の就任演説を聞いています。こういった生の英語に触れることは、実は試験問題に大いに役立ちます。例えば、移民(immigrant)の話です。このトランプ大統領の演説を繰り返し聞いた中学生は、移民に関する記述の英文(準1級)で満点を取れました。初めてだったのでとても喜んでしました。英検2級以上を目指す受講生にはできるだけ実際に使われている英語を扱いながら、進めていきたいと思います。

 

新年度もみなさんにとって充実の1年になりますよう、ともに歩んでいきたいと思います。

2017年

4月

04日

新年度の決意②

第2弾です。ご紹介させていただきます。小学生・中学生・高校生が書いてくれました。


【当教室に関する質問など、お気軽にお問い合わせください】

当教室に関するお問合せはinfo@mbus-tutor.comまで、もしくはこちらよりお願いいたします。

 

お受けしたお問合せには、原則として1営業日以内にご返答させていただきます。
18:00以降のお問合せにつきましては、翌営業日以降のご返答となる場合がございます。

あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。

 

お電話でのお問い合わせ : 0798-64-0182(西宮北口) 078-862-1182(摂津本山) 

個別指導の学習教室MBUS

〒658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町1丁目15-7 パールビル604 Tel: 078-862-1182

MBUS All Rights Reserved.