TOEFL / IELTS

TOEFL iBT

◆最新のスコア実績◆

試験日時 以前のスコア 獲得スコア 社会人・学生 学習期間
2018年9月 60 79 高校生 5ヵ月
2018年8月 70 63 高校生 4ヵ月

最新のスコアアップ例) 高校生:月3回のレッスンで着実にスコアアップ!

 

2017年11月 Total:54

Reading : 13  Listening : 11 Speaking : 13 Writing : 15 

2018年4月 Total:63

Reading : 17 Listening : 16 Speaking : 15 Writing : 15      

2018年8月 Total:70

Reading : 20 Listening : 15 Speaking : 17 Writing : 18 

アメリカ人&日本人講師によるwriting添削で自然な英語を身に着ける

 

対象: TOEFL iBT を受験予定の方

 

TOEFLは英検準1級、英検1級の延長線上にある試験です。アカデミックな内容を中心としているため、ビジネスを主としたTOEICとは異なります。ただTOEICテストを作っている機関がTOEFLの問題を作成しているため、問題数が多いことが特徴です。例えば、Readingの試験では、英検の読解問題の選択肢を短くした問題をかなり多く解きます。パソコン画面で受験するiBT試験では、スクロールなどの操作方法に慣れる必要があります。文字がかなり大きいのも特徴的です。

 

日本人講師とアメリカ人講師のコラボでみなさんの目標スコア獲得をサポートします。 

 

英語を英語のまま理解し、自然な英語で自分を表現する

 

TOEFL iBTは、Reading, Listening, Speaking, Writingの4分野から出題されます。それぞれが30点満点、合計で120点満点です。SpeakingセクションとWritingセクションでは、「話す」「書く」ことに加えて、「読む」「聞く」がセットのIntegrated型の問題があり、ReadingとListening力が前提とされます。

 

そのため、高得点のキーになるのは英語を英語のまま目と耳で理解する、自然な英語で自分の主張を表現する ことです。 当教室の一番のこだわりはネイティブスピーカーらしさを出すことです。 Writingの添削はNative Speakerがチェックしております。提出していただいた答案をネイティブスピーカーが使う表現に修正し、ご自身が表現したかった内容を自然な英語で書けるように丁寧に指導します。ご自身が表現しようとした内容を自然な英語で書く・話すことを徹底しますので、本番でも頭に浮かぶ可能性が高いです。

 

 

The best English (any other language) doesn’t attract attention to itself. 

 

優れた英語は、英語そのものに意識を向けさせないものです。添削を通してネイティブスピーカーが使う表現を身につけ、スピーキングにつなげます。自然な表現で本番の試験でも書ける・話せるようになる、つまり相手が読みやすい英語を目指します。添削を通してご自身のwriting styleを身につけていきましょう。

  

英文添削例はこちら :  Does everybody in Japan need to study English in the future?

 

使用教材:

Official Guide to the TOEFL Test With CD-ROM

4th Edition ETS公認ガイドTOEFL iBT CD‐ROM版

 

単語テストは以下の教材より出題します。(IELTS対策の単語集などお持ちの単語集でも可)

TOEFLテスト英単語3800 

 

受講生のご要望に合わせて、オーダーメイドカリキュラムを作成いたします。

 

Writing 添削例
ネイティブスピーカーにより、英語自体に注意を引かないような自然な表現を目指しましょう!The best English doesn't attract your attention to itself.
添削例 - コピー.pdf
PDFファイル 279.5 KB

オーダーメイドカリキュラム例 ・・・ 70点を目指す方

 

まずは英語の文構造に慣れるため英検2級~準1級程度の英文で音読を繰り返します。音読教材は1回分が50ページ以上のオリジナルテキストです。英語を聴き、音読することで英語のリズムに慣れ、前から読めるようになることが最初の目標です。

 

Speaking, Writingセクションにおいても、英語を読んで聴くIntegrated型の問題では速読力・リスニング力が不可欠です。 また、同時にSpeaking, Writingセクションの練習を同時に行います。まずはWritingでネイティブスピーカーによる添削を通してAcademic Writingの基本と英語として自然な表現を身につけ、それを話せるように練習します(英検1級の2次試験対策にもつながります)。英文添削もレッスンの一部です。

 

以下が初回の5回分のカリキュラム例です。

※比較的短期間(2ヶ月~3ヶ月)で80点を目指す方を対象 (1回120分レッスン。)

 

  英単語テスト3800    
第1回

 毎日200語程度を見ることを

 目標にします

Reading

読解教材①~③

Writing(Independent型)

300語essayの構成

第2回  Rank1 1- 956

Reading

読解教材④~⑥

Writing

300語essay課題の実践

 

Speaking

45秒の時間配分

第3回  Rank2  957-1342

Readiing

読解教材⑦~⑨

 

Listening

Notetakingについて

Writing

300語essay課題の実践

 

Speaking

45秒responseの実践

第4回  Rank2 1343 - 1838 

Reading

読解教材⑩~⑫

 

Listening

Notetakingの実践

Writing

300語essay課題の実践

 

Speaking

45秒responseの実践

第5回  Rank2 957 - 1838

Reading

読解教材⑬~⑮

 

Listening

Notetakingの実践

Writing(Integrated型)

テンプレートの紹介

 

Speaking(Integrated型)

Question3~6の構成

 

IELTS

最新のスコアアップ例

 

◆1ヶ月で0.5のスコアアップを目指します。

例)

2017年11月 5.5 → 2017年12月 6.0 (overall)

 

リーディングは最も得点を伸ばしやすいので、単語を覚えて音読を繰り返します。

例)

Readingが1ヶ月で2.5のスコアアップ!

2016年9月 6.0 → 2016年10月 8.5 

 

◆IELTSを受験予定の方へ

IELTS形式の問題で練習します。特に、留学条件でTOEFLとIELTSの点数が認められている場合、IELTSの方が目標を達成しやすい可能性があります。ご検討ください。

 

IELTSはTOEFLとは問題形式が大きく異なる部分があります。Reading, Listeingでは選択肢を選ぶだけではなく、英単語を記述する箇所もあります。また、writingで図表の説明が求められますので、特有の表現を使えるようになる必要があります。Speakingで音声を録音するTOEFLとは異なりIELTSでは面接官との対話形式での試験となります。独学では対策が難しいwritingとspeakingを重点的に対策をします。

 

留学の基本的な条件となる、全体で6.0~6.5をまずは目指しましょう。 


【当教室に関する質問など、お気軽にお問い合わせください】

当教室に関するお問合せはinfo@mbus-tutor.comまで、もしくはこちらよりお願いいたします。

 

お受けしたお問合せには、原則として1営業日以内にご返答させていただきます。
18:00以降のお問合せにつきましては、翌営業日以降のご返答となる場合がございます。

あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。

 

お電話でのお問い合わせ : 0798-64-0182(西宮北口) 078-862-1182(摂津本山) 

個別指導の学習教室MBUS

〒658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町1丁目15-7 パールビル604 Tel: 078-862-1182

MBUS All Rights Reserved.